会社設立代行更新録 2017年8月5日 ご連絡先 03-3556-8114

 

........

 

会計事務所 求人募集

会社設立時の資本金をいくらにしたらよいか?

会社設立時、よく質問されるのが資本金をいくらにしたらよいかということです。

通常、会社設立をされる方は、お一人でまたは親族(妻等)と一緒に会社を設立されるケースが多いです。

(大企業の関連会社設立等は除きます。)

このように小規模で会社を設立する場合は、形式上資本金1円から設立出来ますので1円等少ない資本金で作るケースもありますが、やはりある程度の資本金を出して作った方がよいこともあります。

それは気持ちの問題です。

資本金1円で作った会社と1,000万円で作った会社では、会社に対する思入れが最初から異なります。

資本金1円では、少し困難な経営場面に出会った場合、この会社潰してもいいやと簡単に思い経営続行をあきらめるケースもままあるかもしれません。

しかし、資本金1,000万円だとどんな経営困難な場面に出会っても簡単にあきらめ切れません。

気持ちって大事だなと最近感じております。

 

節税会社設立の場合

節税会社の場合は、逆に資本金を少なくした方が節税となるケースもあります。

例えば、消費税を1年目から納めるのか、3年目から納めるのかという違いも資本金1,000万円にするかしないかにより変わります。

また、少人数私募債という節税手法は、資本金が少ない方が活用できる場面が多くなります。

いろいろなケースがあります。

ぜひ、会社設立の際にはご相談ください。

 

 

いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!」ボタンをクリック&ツイート。

 

........