会社設立代行更新録 平成29年3月5日 ご連絡先 03-3556-8114

 

........

 

会計事務所 求人募集

会社代表印

会社設立の際、会社代表印を作成し法務局に届出をします。

でも、会社代表印って何でしょうか?

一般の方にはあまり縁がなく、初めて会社を作る人たちは戸惑うかもしれませんのでこちらにて簡単に記載しておきます。

 

会社代表印の使用目的

会社代表印は、契約書等結構重要な書類に押印するための印鑑です。

個人で言えば、市区町村へ届出をする個人の実印と同じで大変大事なものです。

重要な契約を結ぶ場合、印鑑証明書を添付したりします。
その契約書に押印した印鑑が、本物の会社代表印であることを証明するため。

 

 

会社代表印の大きさ

会社代表印の大きさは、次のように法律で決められております。

「印鑑の大きさは、辺の長さが1センチメートルの正方形に収まるものまたは辺の長さが3センチメートルの正方形に収まらないものであってはならない。」(商登則)

文章にするとイメージがわきませんね。画像を貼り付けられればよいのですが手元にありません。申し訳ございません。

でも、はんこ屋さんに依頼をすれば大きさ等が分かっているので見本を見せてもらえます。

 

会社代表印の材質

通常は木の柘が一般的です。

他の種類として、水牛・象牙その他があります。

最近は彩樺(サイカ)という材質の代表印も多いです。

彩樺とは、北方寒冷地で産出される真樺とフェノールレシン(樹脂)を高圧加熱処理したもので、伸縮やヒビ割れが少なく、硬度に優れキメも細かいので印鑑には非常に適したエコ素材です。

 

会社代表印の文字書体

文字の書体は一般的に蒙書体(テンショタイ)や印相体が多いです。

蒙書体はイメージですが昔の会社に多いです。

印相体はイメージですが、きれいに見えます。

 

会社代表印の金額

もう、値段はピンきりです。

材質・手彫り、機械彫り等いろいろな組み合わせがあるからです。

ネット上、会社代表印は4千円ぐらいからあり、高いところでは、材質が象牙で占いの鑑定が付いたもので1本10万円という物を作ったお客さんもいました。

会社代表印は一生ものですから、中間の値段がよいのではないでしょうか?

あまりにも安い印鑑印鑑だと押した感覚が良くなく、また印影が良くありません。止めたほうがよいです。

理想は、木の柘で手彫りが良いと思います。

 

個人の実印を会社代表印とする

会社代表印を個人の実印で代用することも可能です。

印鑑の大きさが合っていれば可能です。

めったにおりませんが、そのような方もいらっしゃいます。

 

あと、はんこ屋さんに依頼した会社代表印が会社設立申請までに間に合わない場合、一時的な代用で個人の実印を会社代表印として届け出ることもあります。

この場合、会社設立後、改印届出をすることにより解決します。

 

いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!」ボタンをクリック&ツイート。

 

........